Too Late To Die (Dai)

Today's news (本日の気になるニュース)

激安ファッション”拡大 今夏は「しまらー」街を席巻!?
5月29日7時57分配信 産経新聞


不況で節約志向が強まる中、“激安系”のおしゃれファッションが人気だ。手軽な値段で流行アイテムがすぐに手に入る「ファストファッション」店の進出も相次ぎ、拍車をかける。節約しながらファッションを楽しむ人が増えており、高級ブランドにお金をかけるのはもう古い?

 ◆格安で流行アイテム

4月29日、ファッションブランドの街、東京・原宿に米ロサンゼルス発衣料チェーン「FOREVER(フォーエバー)21」の日本初直営店がオープンした。周辺には「GAP」や「ユニクロ」、昨年上陸して大きな話題となったスウェーデン発「H&M」など、いわゆる「ファストファッション」ブランド店が集中、競合店がひしめきあう。

「FOREVER21」は世界430超の店舗を展開。特徴はなんといっても価格だ。ワンピースが1000円台から高くても6000円台と、トレンドを反映したとは思えない手軽さ。服からバッグ、靴、アクセサリーまでそろい、1万円未満で流行のファッションに早変わり。

自社だけではなく、外部からの売れそうなアイデアをすぐに商品化。1~10日で新商品が店頭に並ぶ回転の速さも魅力となって、多い日で一日に1万9000人超が来店する。若い人向けのデザインが多い印象だが男性用商品も取り扱い、親子連れや中高年女性の団体客も目立つ。

ひそかなブームを呼んでいるのが、総合衣料販売「しまむら」(さいたま市)が全国で1130店舗(5月20日現在)を展開する「ファッションセンターしまむら」。価格の安い普段着などの実用衣料を販売していることから、主な顧客は20~40代の主婦だ。

しかし、一部メディアが「しまむら」の服で身を包んだ女性を「しまらー」と報じた影響などもあり、昨年後半からは10代後半から20代の女性がこぞって飛びつき、東京・渋谷をはじめ、急増中という。買い物に来ていたさいたま市北区の主婦(43)も「昔と違って、安い割におしゃれに見える」。熱心に商品をチェックしていた。

「ユニクロ」などを展開する「ファーストリテイリング」傘下の「ジーユー」の990円ジーンズは、3月の発売当初の目標販売枚数は50万枚だったが、4月末に100万枚超に増産。イトーヨーカ堂の低価格スーパー「ザ・プライス」も今月13日から発売した980円婦人ジーンズが1日約400枚売れる人気アイテムとなっているなど、“激安”ファッションは拡大中だ。


こういうのってどうなんでしょう??
『ファストファッション/安い割におしゃれに見える』…っておしゃれってそれっぽく見えればよいのかなぁ…
本来おしゃれって『自己満足・自己主張』だと考えているボクが生意気を言うならば
安くってそれなりに見栄えはするかもしれないけれど、その分皆が同じ服を着ているって事になる
所詮それはインダストリアルファッション(工場での大量生産)で自己主張の欠片も無い訳です。

人それぞれにライフスタイルはあるけれど
家も住めれば何でも良い訳じゃないし
車だって動けば何でも良い訳じゃない
ましてや洋服なんて毎日着るんだから尚更拘って選ぶべきだ。
高いモノが=必ずしも良いものと言うことではないし
安いモノが=粗悪品な訳でもない。
ただ思うのは『安いから良い』と言う基準で洋服を選ばないで欲しい。

時代とは逆行するかもしれないがこれからも可能な限り(バイヤーの自己満足にならぬ様)
インベストメントクローズ(投資の価値のある服、上質な素材、仕立が良くなによりステータス感がある
高価ではあるがその価格を支払うのに十分な価値がある服)に拘ってバイイングを続けようと思う。

また当店のお客様方にも可能な範囲で最大限の自己主張をして欲しいと切に願います!!

なんだか思う事は沢山あるのだけれども、それを上手く文面にまとめられず
乱文で申し訳ないです。
[PR]
by membre3 | 2009-05-29 14:28 | Private